魔女兵法

文章目录

引子

この世は間違っている。
何時?何処で間違っている?多分それは「余剰価値」どっいう概念が現れる時から、いいえ、多分それは初めて人々が「これは俺のもの」が言える時からだ。

この世は間違っている。
これほど一目瞭然のものはない。人は純粋のこころを持つ時、誰だって分かってる。人は勇気ある意志を持つ時、誰ても言える。でも、それもだいたい「中二」まて、それからは人は純粋のこころ段々失い、勇気も削っていく。何故なら、彼らは「この世」にぶちのめされたんだからだ。
それも悲しくに認めようとはしない、自分のことは「大人になっだ」と称賛し、そうでない人は「中二病」と汚す。敗者という事実から目そ逸らしているんだ。

この世は間違っている。
でも、この世はいつも、全てが間違っているではない。数千年の文明の時を得て、少しずつ間違いを正っている。何故それが出来るんだ?それは、純粋な心と強き意志を持つ人、「この世」に戦いを挑み、そして勝ってるからだ。封建王朝の転覆、科学思想の創立、コロニーの解放、奴隷制度の破棄、ファシストへの抗争、「文明」とゆ名の進歩を作る人々はそれぞれ、でもその中に一つだけ通じあうことがある。それは彼らが「この世か間違っている」を信じ、そして当時の人々から見ればあんまりにも愚かて「中二病」ただとゆことだ。

この物語はそういう「真の勇者」たちの物語である。

原文链接:,转发请注明来源!

发表评论